節約する前にまず家計簿を準備

当サイトは貯金をしようと思ってもなかなかお金が貯まらない方に、管理者が行っている節約術をご紹介していきたいと思います。まず、自分自身の出費となる要素を洗い出し、実際に掛かっている費用を数字にして出してみましょう。そうすることで、収入に応じてどの部分に出費が多いかを把握する事が出来ます。

節約する前にまず家計簿を準備

また、出費の全体像を見ることで、節約できる部分と出来ない部分が見えてくると思います。毎月どの位節約するかを目標に決め、出費リストと照らし合わせてみましょう。

出費リストとして有効なものが『家計簿』です。家計簿は、生活を送る上で収入と出費を記録する物なので、貯金を溜めようと節約を考えてる方は、家計簿を付ける事からはじめて見ましょう。

普段買い物をしたレシートを取らない方は、家計簿に記録する目的で毎回レシートを取るようにして下さい。その他の、携帯代や光熱費、支払いに関する明細書は必ず残しておくようにしましょう。

記憶力のいい人ならレシートを取る必要はありませんが、ほとんどの人は絶対に忘れてしまいます。適当に家計簿を付けたとしても、正しい数字じゃないので、貯めるどころか、逆にお金が足りないという結果になってしまう。

毎月の出費を付け、年間を通してどれくらい貯金が出来たか正しい数字を把握する為にも、レシートは取っておくようにしましょう。

とくに、家の家計を任される方は、家計簿を付ける事をお勧めします。家計簿をつけてる家庭と、付けていない家庭では、貯金の貯まる度合いが全然違います。

夫婦の財布が別であれば、各々で家計簿を付ければいい話ですが、夫婦の財布を分けないで一つにまとめて管理してる家庭は、任されてる方がしっかり管理しなくてはならない。

お金の管理をしてるにも関わらず、お金が足りないなど発言してしまうと、喧嘩の原因になります。そうならないようにも、家計簿を常に確認して、お金が足りない原因を探り、節約するようにしましょう。

節約は、出来ない事ではありません。結局のところは我慢が出来るか出来ないかの問題になってきます。

我慢強い方は節約する事じたいにさほど苦にならないと思います。我慢が出来ない人ほど、節約に苦痛を感じると思います。

その事も踏まえ、節約する意味や急な出費に困らないようにする為に、今から節約をしておくべきだと思います。

当サイトでは、苦にならない節約術を多くご紹介していきます。貯金をしようと行動しても毎回失敗してる方は、最後のチャレンジに読んで見て下さい。